【壮絶な出産レポ】里帰り出産をしない選択。かかった費用や大変だった事などレポをまとめてみた

妊娠・出産

スポンサーリンク

はじめに

この記事は、筆者本人の初めての出産のレポです。

妊娠中って本当に不安な事とかが多いですが、

少しでも何か参考になればなと思い書いています。

妊娠期間の大変だった事

妊娠初期

□食べづわり

□便秘

□頭痛

妊娠中期

□頻尿(就寝後朝までに5回とか)

□検診の間隔があくので検索魔になっていた

妊娠後期

□頻尿

□腰痛

妊娠期間が一番辛かったことが、腰痛です。

座っていられないし、立ちっぱなしでも激痛でした。

痛みが出ていない人でも後から急にくることもあるので

骨盤ベルトをする事をおすすめします!

□逆流性食道炎

2番目に辛かった事が、逆流性食道炎

食べると気持ち悪くなって上がってきて

酷い時は嘔吐が続いて、座ってないと寝る事も出来なくて睡眠不足が続きました。

ただこれに関しては薬を処方してもらってからは、かなり改善されたので

体力を保つ為にも無理しないで「 薬 」に頼る事も必要かな、と思いました。

□こむら返り(足をつる)

□不安症

□貧血

里帰り出産をしない選択をした理由

□1ヶ月で赤ちゃんはものすごく変わるので、夫に生まれたての赤ちゃんを見て抱っこして一緒に過ごして欲しかった。

□夫の希望と自分の希望が一致した

□母と義母が手伝いに来てくれると言ってくれたから

□地元の産婦人科は立ち会い出産ができない、立ち会い出産して欲しかった

里帰り出産をしなかった感想

個人的には、里帰り出産をしなくて正解でした。

初産だったので、新生児期は本当にわからないことだらけで

何をするにも、「これでいいのかな?」「大丈夫かな?」と

不安なことだらけ、、その不安を夫と共に味わう事ができて

本当に良かったと思っています。

壮絶な出産レポ

予定日5日超過の為、「誘発分娩」へ

出産前日 朝から入院 

     ↓

10時30分 [ 促進剤開始 ]

陣痛が始まる気配がなく夕方に

     ↓

16時30分 [ 内診 ]

子宮口2センチ、高位破水が判明

内診後すぐに陣痛開始

     ↓

17時00分 [ 促進剤終了 ]

そのまま陣痛に繋がる

     ↓

18時00分 [ 夕ご飯 ]

20時00分 [ 陣痛の合間にシャワー ]

 (汚いまま出産は嫌だ!となぜか頑張ってシャワー浴びたw)

     ↓

22時00分 [ 夫とテレビ電話 ]

陣痛の合間に会話、まだ話す余裕あり

 その後2、3分おきの陣痛がずっと続いて一睡もできず

     ↓

4時30分 [ 子宮口3.5センチ ]

一人で泣きながら陣痛に耐える、

     ↓

7時30分 [ なかなか進まないので促進剤追加 ]

完全破水で急に進む、ここで夫に連絡

     ↓

8時00分 [ 分娩室移動/夫到着 ]

立ち会い出産

基本叫ぶ系妊婦笑

摩られたり触られると痛さが増すから見守ってもらってた。

いてくれるだけでとても心強かったです。

陣痛は痛すぎて、途中嘔吐呼吸困難になって

呼吸を戻せなくてパニック。

コロナ中でマスクを着けての出産だったけど

外れてたし、途中からは酸素マスクでした。

死ぬほど痛かったけど、いきみ出してからは

そこまで痛みを感じませんでした。

     ↓

11時30分 [ 吸引分娩、会陰切開で息子誕生 ]

会陰切開は絶対に嫌だと思ってたけど

陣痛が痛すぎて、

「どうぞどうぞ切ってください、早く!」って

感じだった、、、笑

切開は麻酔してるからか、陣痛が痛すぎるからか

全く痛くもなかったけど、吸引の瞬間が痛すぎた

だけど一瞬だから大丈夫だし、出てきた瞬間痛みも消えました。

もう一生経験したくない、と陣痛時は思っていたけど

産後はまた経験してもいいかも、と思えるくらい

感動の瞬間でした。

予想外な事だらけの産後

□出産は交通事故全治1ヶ月の負傷と同じは本当

□出血量は400なのに、酷い貧血

□会陰切開の跡が痛い

□母乳が溜まって痛い

産褥熱

□頻回授乳で睡眠不足

□尋常じゃないむくみ

□産後ハゲ

イライラ

分娩台から車椅子に乗ろうとした瞬間

意識がぼんやりし、夫にもたれかかるように倒れました。

夫と助産師さんが2人で必死に私を支えてくれたのを忘れられません。

ボヤけているけど意識はあって

ベットに乗せられた直後は睡眠をとっていなかった為

意識が遠のきそのまま分娩台で爆睡しました笑

ベットのまま部屋に移動して

そこから2日間はベットで寝たきり生活

トイレにも行けない状態でした。

入院1週間のうちに少しずつ回復はしましたが

入院中と退院後も点滴を行い

産後1ヶ月は歩くのもしんどいくらい大変だった。

妊娠前と妊娠中に運動ができていなくて

体力不足を痛感して、後悔、反省しました。

出産にかかった費用/保険

「吸引分娩」「前日から入院促進剤」「会陰切開」

合計 511,210円

代理受け取り 420,000円

窓口支払い 91,210

医療保険 85,000

実質負担額 6,210円

後日、加入している保険屋さんに確認したところ

「吸引分娩」異常分娩扱いで、保険請求対象とのことで

日額5,000円の日数分と手術手当金

合計 85,000 受け取ることができました。

加入している医療保険があれば、確認しておくといいかもしれません。

 

最後に

ここまで見ると、きつい記憶しか残っていないみたいですが、

痛みよりも感動した気持ちが心に残っていて

あの瞬間を経験できて本当に良かったな、と思います。

また今はまた経験してもいいと思えます♫

それくらい我が子は愛おしくて、可愛い。。。

出産は本当に命がけ、「妊娠期間」も「分娩時」も「産後」も、周りの支えがとても大切です。

近くにサポートしてくれる人がいない方は、地域のサポートなども利用して

無理をしないようにしてください。

SNSも心の拠り所になるから、同じ妊婦さんと繋がるのもいいかも♫

読んでいただきありがとうございました♩


コメント

タイトルとURLをコピーしました